読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKB渡辺麻友の声優挑戦にエール

日記

渡辺麻友プリキュア」に本人役で出演決定、「これは夢なんじゃないかな」

692

本日10月12日に「映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」のテーマソングお披露目イベントが、東京・お台場ヴィーナスフォート教会広場にて開催され、AKB48渡辺麻友が登壇した。

モフルンライトを振る渡辺麻友。

モフルンライトを振る渡辺麻友

渡辺は「魔法つかいプリキュア!」のキャラクター、キュアミラクルキュアマジカル、キュアフェリーチェとキッズダンサーを引き連れ、白いワンピース姿で登場。同作のテーマソングを担当する感想を聞かれると「私の人生の中でこれからいろんな人に自慢できるなあって。本当にこんなうれしいことはありません!」と喜びを吐露し、「今観てくれている子供たちにも今回の主題歌が残り続けたらいいなって思います」と願いを込める。

 

AKBの渡辺麻友が映画プリキュアの声優に。

プリキュアといえば「ふたりはプリキュア」など、もう10数年シリーズを放映している人気アニメ。私は娘を連れてよくプリキュアショーに行ったものだ。プリキュアオールスターズともなると20人以上になるという圧巻。そんなプリキュア渡辺麻友がゲストキャラとして声優挑戦だって。

最近はアニメ映画では芸能人を声優に抜擢することが多くなったな。特にジブリなんかは本業の声優をあまり使わなくなって久しいね。

芸能人も声優としてキャラとマッチして、いわゆる学芸会読みさえしなければアニメで芸能人が配役されても否定はしないが、たまに素人さを前面に出して発声している芸人などがいたことも事実。やはり、アニメといい洋画の吹き替えといい、「声」の質が重視されるのだから安易な芸能人起用はやめたほうがいいね。

さて、渡辺麻友ちゃんはどうか。私自身、麻友ちゃんはよく知らないのだが、なんでも幼い頃よりプリキュアファンとのこと。きっと子どもたちの心をつかむ演技をしてくれるとAKBに甘めの私なのだ。