読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始めから内田裕也にマイクを持たせるな

日記

内田裕也、ディラン受賞「ロックの力」と喜ぶも…舞台挨拶暴走で強制終了

舞台挨拶で相変わらずの暴走をみせた内田裕也=京都市内
1枚拡大

 ロック歌手・内田裕也(76)が15日、京都市で開催中の「京都国際映画祭2016」で映画「共犯者」の舞台挨拶に登場した。序盤は昔話をしみじみと語る穏やかな展開だったが、規定時間20分の最終盤にきて突然エンジン点火。MCからタイムアップを通告されるも、マイクを奪い返し、ボブ・ディランノーベル賞受賞から小池百合子東京都知事批判まで、裕也節が吹き荒れた。

 この日は、いつになく穏やかに、スローペースで映画の思い出を語った内田だったが、終了時間が近づく中「映画は魔力があるんで、めちゃ金かかんだよ。映画と選挙はね…」と話したところで、スイッチが入った。

 かつて自身が東京都知事選に出馬したことを挙げ「俺は借金して出て5位だったんだ」。返す刀で「左翼連合と組んで、森進一をつれて歩きゃ当選するかって、それは甘すぎるだろ」と、7月の都知事選に出馬した鳥越俊太郎氏をバッサリ。

 

  内田裕也も76歳ですか。すごいですねパワフルで。若者も見習わなくっちゃならんね。

さて、内田裕也はロッカーでもあり、政治家でもある。今回の都知事選も説得力のあるトークで皆を喜ばせてくれた。彼は右でも左でもない自由人。さすが都知事選の経験者らしく今回の選挙も内田節炸裂だったが、スポーツ紙でしか彼の雄姿を拝見できないのは残念だな。まあ、私も彼もそうだが、小池知事には有言実行を果たしてもらいたい。

ボブ・ディランノーベル賞も大変関心があったようだな。ロックを通じて社会を風刺するスタイルは似ている部分があるからな。彼にマイクを持たせたら20分なんて短いぞ。運営者側の強制終了ですか。うーん、それは彼には失礼だな。それだったら、最初からマイクなんか持たせるなって言いたい。

まあなにより健康そうでなによりでした。

 

 

 

スマホでもPCでも利用OK!ラクラク副収入【お財布.com】