読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大統領選でアメリカの選挙戦略を見る

日記

アメリカ大統領選挙に向けた最後のテレビ討論会が行われ、共和党のトランプ候補は、選挙で敗れた場合、結果を受け入れるかどうかについて明言せず、アメリカのメディアからは批判が出ていて、民主党クリントン候補にリードされるトランプ氏が巻き返しのきっかけをつかめたとは言えない状況です。

 

NHKの記事より。

アメリカ大統領選も終盤でクリントンがほぼ優位で進んでいるな。ここにきてクリントン陣営の選挙のノウハウ、戦略が功を奏したわけだ。

トランプは序盤こそ突っ走ったものの、自爆モノの失点を次から次へと出してしまい討論会でも「デタラメだ」、「うそだ」の連発でまさにクリントンの思うがままに動いてしまっている。トランプの政策は本当は保守層あたりは理想としては「もっとも」と思っていることだろう。だがアメリカ国民もバカではない。「本当に」大統領を選ぶとなれば現実的にトランプの政策もトランプの人柄もアメリカらしくないし、国益を損なうと思っているから、「トランプは選挙でこれだけ世界に知名度を上げたんだからもういいだろう」と手のひらを返したようにクリントンに行ってしまったわけだ。

まあとにかく討論会を見てもクリントンは余裕だった。トランプを興奮させることに専念できたからな。トランプは興奮すると何を言うかわからんオッサンだからボロをドンドン出させてしまったよな。

このままクリントンが逃げ切るな。