読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望退職に殺到するシャープ

日記

シャープ希望退職の募集に応じて3234人が辞めてから、1年が過ぎた。8割以上は新たな職に就いたとみられるが、今も仕事を探す人がいる。シャープでは工場のさらなる統廃合や人員削減が検討されており、会社を去った人、残った人どちらにも、厳しい現実が待ち構えている。

シャープは経営の悪化を受けて昨年、45歳以上の社員を対象に希望退職を募った。3234人が応募し、9月末で辞めた。

 

朝日新聞の記事より。

シャープが台湾の会社に買収されたことはショッキングだったが、3000人以上の希望退職者も驚きだ。少し前なら「世界の亀山」で一世を風靡していたシャープ。私から見れば80年代にX1turboというPCがほしくてシャープの社名を知ったものだ。それから液晶テレビだな。アクオス。結構売り上げがあったと思ったが、どこの家庭にも液晶テレビがある時代になり、ある種、テレビでは経営ができなくなったのか。

この記事を読むと退職金をもらえる時に辞めた人が多くいたそうだが、いまのシャープの状態からすればその方が賢い方法かもしれんな。これから親会社の台湾企業から、さらなるリストラが出る可能性もあり、シャープとともに心中してからでは遅いからな。

45歳以上の人の再就職は厳しいな。シャープや台湾親会社は再就職先を見つけてやればいいんだけどな。

いまは大企業もあぐらをかいていられないよな。

 

1日分の野菜不足をこれ一包 粉末青汁