読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピコ太郎が記者会見

コミカルに歌って踊る楽曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界的な人気の歌手・ピコ太郎さんが28日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で記者会見し、米ビルボードのHot100チャートに入った「1曲の長さが最短」の楽曲として、PPAPが ギネス世界記録 に認定されたと発表した。

 多くの報道陣が集まる中、おなじみのヒョウ柄衣装にパンチパーマで歌ったピコ太郎さんは「僕ですいません。とても光栄なこと。驚き桃の木20世紀でございます」と語り、通訳を困らせた。

 

北海道新聞の記事より。

 のテレビでピコ太郎が記者会見していたのでなんだと不思議に思っていたらなんとギネス世界記録だという。それも日本外国特派員の会見だ。見るからに不釣り合いなシーンにテレビをずっと見ていたが、あのピコ太郎の歌が世界的に大ヒットでアメリカのヒットチャート100に入ったのだ。

確かにピコ太郎のPPAPは外国人に大変気に入られており、もしかしたら日本より外国でのヒットが今回のギネスの運びになったと思うんだな。

それにしてもこのピコ太郎大変な苦労人だったなと一見して会見の緊張度で感じたな。人柄、経歴はわからんが日本にもアメリカンドリームではなく、ジャパニーズドリームの檜舞台に上がったのがピコ太郎なのだ。でも来年はTVに出てるかな。

 

自宅で本格筋トレEMSマシン ビューティーコア