読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またまた裁判員でストレス障害発症

裁判員を務めた福島県の女性が、遺体の写真を見たことなどから急性ストレス障害になり、「裁判員制度憲法違反だ」として国に賠償を求めた裁判で、最高裁判所は、女性の上告を退ける決定を出し、賠償を認めない判決が確定しました。

NHKの記事より。

あ、裁判員になると実際に裁判に関与するわけだから死体とか残酷な映像や写真を見なければならないのは想定できたわな。それでストレス障害が発症してしまったら裁判員になったことへの運の悪さよりかは裁判員制度そのものの価値を考え直さなければならないな。精神的にまいっちゃう人が出てくるのはわかってるんだから。

今回は国に賠償を認めない判決が出たがもし認めていたら、次々に訴訟が起こるだろうな。なんていうか、判決の裏を返せば、裁判員に任命されたからにはグロ映像でも我慢しろ。と言っているみたいに聞こえるゾ。裁判員に任命されたら心身に自身のない人は拒否できるハードルを低くしてやらんとダメだな。そろそろ改正が必要ですな。

 

コーヒーマシンが無料でもらえる!/ネスカフェ ドルチェ グスト