日比谷高校の東大合格術

東京大学の合格者数53人――。今年の大学入試結果は教育関係者に衝撃を与えた。この数字をたたき出したのは東京都立日比谷高校だ。開成高校筑波大附属駒場高校、灘高校麻布高校といった6年制の中高一貫校がトップ10を占める中、3年制の公立高校が11位に入った。公立高校が50人以上の合格者を出したのは、1995年の県立千葉高校(55人)、県立浦和高校(50人)以来、21年ぶりの快挙だ。

日比谷で9月18、19日に行われた学園祭「星陵祭」。1~3年生のすべてのクラスが演劇を行うのが伝統になっている。雨がちらつく中でも、午前中に観劇のための整理券がなくなるクラスが続出する盛況ぶりで、校舎内は保護者や中学生などであふれた。例年通り4000人近い人が訪れたのだろう。

センター試験まで4カ月なのに学祭に没頭

 

3年生の演劇ともなればプロ顔負けだ。朗々と響く歌声や、キレのあるダンスからは、これまでの練習の積み重ねを垣間見る。最終公演の終幕は、3年生は名残惜しさから涙ながらに演じており、まさに青春ドラマを見ているようだ。だが、そう悠長なことも言っていられない。センター試験は4カ月を切っている。

「3年生はこの星陵祭をやりきって、この先にはもう行事はない。受験モードに切り替えて一気にスパートをかける」(日比谷高校の武内彰校長)とは言うものの、ここまで学園祭に没頭していて、大学受験にどうやって間に合わせているのか。

週刊東洋経済の記事より。

つの時代になっても東大はブランドだからね。こういう記事が売れるわけだな。日比谷高校が東大合格者数53人を出したとのことで、復活の日比谷と言われているらしいがどうしてそうなれたのか私も知りたいので記事を読んでみた。

まあ、一言でいえば「やるときは徹底的にやる」ということだな。学校祭に没頭する。学校祭が終われば東大まっしぐらに勉強をする。といったスタイルが功を奏したのだという。一見単純だがこれってやれそうでやれないんだよね。私のような凡人はついダラダラしちゃう。だからダメなのだ。日比谷高の生徒は偏差値も学力も高いから基礎が出来上がっている。ゆえに勉強もスムーズにできるんだろうな。

今度は「底辺」高で有名大学合格者を多数出したウルトラC記事があったら買ってみようかな。

 

コーヒーマシンが無料でもらえる!/ネスカフェ ドルチェ グスト