読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日ロ首脳会談・・・ロシアの交渉術

12月15日に山口県で開かれる日露首脳会談を前に、日露両政府の平和条約交渉と経済協力をめぐる思惑の違いが浮き彫りになってきた。安倍晋三首相は両者を同時に前進させたい考えだが、ロシアは極東での経済協力プランの規模を独自に発表し、プーチン大統領も早期の平和条約締結をけん制した。日露の溝は埋まっておらず、調整は難航しそうだ。

 

毎日新聞の記事より。

12月15日にプーチンが来日する。なかなか実現できなかった来日でようやくかなった形だが、本題のすれ違いが多いことが判明。これじゃあ、話なんてできないぞ。

ロシアからすれば日本は「北方領土」ばかり言ってきて話にならんと思っているだろうな。ロシアは2島(色丹、歯舞)なら仕方ねえやとばかりテーブルに着くくらいで、しかも莫大な経済協力がセットが条件。とにかく金を出せと言っているのだ。

日本は独自外交が下手だから、常にアメリカの意見伺いをしないといけないわけで、ロシアとは非常に困難な、かつ話題の狭い会談になるのは予想できるな。

ロシアは外交交渉がうまいから、日本から金を引き出せなかったら平和条約締結は引っ込めるぞ。

ロシアとの会談次第で安倍の支持率も上下するのだ。

 

 

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場