読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーチンが来日して日本が得たもの

自民党高村正彦副総裁は18日のNHK番組で、日ロ両首脳が北方四島での「共同経済活動」構想の交渉入りなどで合意したことについて「新しいアプローチで(領土問題解決へ)一歩を踏み出した」と評価した。民進党細野豪志代表代行は、ロシアのプーチン大統領の強硬姿勢に触れ「マイナスからスタートした状況になっている」と指摘した。

 高村氏は、共同経済活動などを通じ、日本との関係強化が利益につながるとロシアに感じさせることが重要だとの認識を表明。

 公明党山口那津男代表は「(両首脳が)一定の合意を結んだこと自体が一つの成果だ。いかに具体化するかが問われる」と述べた。

西日本新聞の記事より

 

 今回の日露首脳会談は誰がどう見ても日本の失敗だな。北方領土交渉も平和友好条約も何も進展しなかったばかりか、ロシア側の思うつぼになったというのが今回の結果だろう。

まず、なんで山口で首脳会談なのかわからん。北方領土交渉なら北海道でやるのがベストなはずだが。あれだけ首脳会談ムードを上げておきながら3000億円の援助をロシアに献上して、こちらはなんもできなかったんだから政府の体たらくはこの上ない。これで北方領土はますます帰ってこなくなったな。まあ、日本政府はいままで北方領土にどれだけの関心と熱意があったかは疑わしいが・・・・。